居抜き物件とは一体何?店舗物件探しで知っておきたいこと

店舗物件探しと開業の大変さ

開業のために店舗物件を探しているとその賃料だけでも莫大になるという事実に気づくでしょう。広くて魅力的な立地にある物件ほど高く、果たして賃料を払えるほどの利益を上げられるのかと心配になってしまう人もいるはずです。しかし、開業の場合にはそれだけではなく店舗設計にも費用がかかることを忘れてはなりません。必要な什器や換気設備などを整えているだけでも費用がかさみますが、飲食店ともなると厨房設備も必要で深刻になりがちです。

居抜き物件とは一体何か

店舗物件探しの際に費用面が問題になったら居抜き物件を選ぶのが賢明な考え方です。居抜き物件とはその店舗物件を以前まで使用していた人が設備を残したまま出ていった物件であり、次の入居者は契約時にその設備を購入することになります。配管などは既に終わっているため店舗設計にかかる費用が安くなるだけでなく、必要になる什器もある程度揃っていて購入費用を最小限に抑えられるでしょう。初期費用の大幅な低減が可能なのです。

良い居抜き物件の探し方

居抜き物件を探すときには一般的な店舗物件を探すときよりも苦労が多いのが事実です。購入した設備を無駄にせず、既にできている配管などを有効活用するには同じタイプの店舗経営が行われていた物件を探さなければなりません。数もそれほど多くないため自分で一通りの物件情報を見て回るのも難しくはないでしょう。しかし、より良い物件を見つけるには専門の不動産会社に相談するに越したことはありません。要望を伝えておいて、該当する物件があったときに連絡してもらうように手はずを整えましょう。

店舗物件の賃貸借契約のポイントを理解するうえで、まずは信頼のおける不動産会社を選ぶことが欠かせません。