資金計画を立てて始めよう!収入が不安なときの賃貸物件探し

収入への不安と賃貸物件探し

収入への不安がある人にとって賃貸生活をするための物件探しは難しくなりがちです。どれだけの家賃までなら生活できるのかを慎重に吟味しなければならないでしょう。それに加えて収入が少ないために審査で却下されてしまう可能性もあるため、良い物件が見つかっても必ずしも賃貸契約が結べるとは限りません。少し家賃が高いと思いつつも審査を通過できたから借りたというときには生活が苦しくなる場合もあります。十分な準備をして賃貸契約を結ぶようにすることが大切です。

資金計画を立てるのが第一歩

収入が少ない人の賃貸物件探しでは資金計画を立てることから始めましょう。家賃の上限をできる限り正確に求めることが大切です。収入額から食費や光熱費を差し引き、娯楽費などのようにその気になれば削減できる予算がどれだけあるかをまず試算しましょう。そして、そのうちどれだけを自由に使えるように確保しておくかを決めて、残りを家賃に費やすと考えるのが賢明です。光熱費は季節によって変化することも考えて、最も多い月でも家賃を払えるように計画を立てましょう。

審査に通過するためのポイント

良い物件を見つけたのに審査を通過できなかったという状況に陥らないためには支払い能力があることを明確にするのが重要です。仕事が安定しないという不安もある場合には特に審査の通過が難しくなります。しかし、連帯保証人の収入が十分であったり、保証会社を利用できたりする場合にはその点で心配が少なくなります。また、生計を共にしている人に少しでも収入があるなら合わせて資料を提出して審査に臨むようにすると通過できる可能性が高まるでしょう。

賃貸は物件の数が豊富ですから注意が必要です。ペット可や駐車場付きなど、こだわりの条件を明確にして探すことが大切です。