家を購入!?考え方によっては賃貸の方がいい

住居は購入するか賃貸にするか

家を購入する場合には多くの資金が必要です。自己資金を頭金としてローンを組んで購入する人が多いです。ローン期間、返済し続けて初めて自分の家になったという感覚を持つ人が多いです。しかし返済期間は一般的に長く、その間に設置されている機器の修繕、リフォーム等の必要もでてきて、返済期間が更に伸びることもあります。一方で購入せず、賃貸料を支払って賃貸物件に入居する人も多く、入居する物件を上手に選択することで安く入居できます。

家を購入したらそこに住み続ける

購入すると入居する物件の位置は簡単に変えることはできず、同じ場所で生活することになります。将来的に周囲の環境が変わったとしてもそのままの状態で生活し続けなければならないというリスクもあります。商業圏が近く買い物に便利でも、将来的にお店が撤退して車を使用しないと買い物に行けないような環境になったりする可能性もあります。また隣近所に引越してきた人が自分とあわない感じの人であっても近所づきあいを続けなければならないのです。

自由に引越しができる賃貸

反面、賃貸物件の場合には契約書に記載されている期間が過ぎて規定されている期間前に申し出ることで違約金なく別な物件に転居することができます。周囲の生活環境が変わったとしても柔軟に対応することができ、また生活に便利な場所を求めて転居することも可能です。新しい地域に住むと新鮮に感じたりして、嫌なことがあって引越しする場合にも気分転換になります。家族が増えれば部屋の数が多い場所に引越しすることもできますし、自分の収入によってそれに適した物件を探して入居することもできます。

札幌市北区の賃貸の魅力として、観光地やビジネス街への移動が便利なことや、周辺の施設が充実していることがあります。