税金対策をしよう!賃貸経営を始めるメリットとは

税金対策で始める賃貸経営

仕事で成功して大きな収入を得られるようになった人は毎年所得税を大量に納めなければならないでしょう。節税を考えるようになったときに賃貸経営を始めるのは有用な対策方法です。賃貸経営をする際には不動産を購入しなければなりません。その出費に加えて、不動産を管理しながら経営業務を行っていくために常に経費が必要になります。それを利用すると所得を減らして所得税を削減できる可能性があるのです。家賃収入を得ながら税金対策もできるのが魅力となるでしょう。

税金対策なら中古マンション

税金対策のために賃貸経営をするなら適しているのが中古マンションです。減価償却費を効果的に利用して経費を増やせるからです。耐用年数を越えている築年数の中古マンションを選べば特例を利用して4年間で減価償却を終えることができます。そのため、4年間に渡って大幅な所得税の減額が可能になるのです。またその後に新たなマンションを購入するということを繰り返せるほどの資産があるなら継続的に実施していくのも不可能ではありません。

相続税対策にもできる賃貸経営

賃貸経営をしていると相続税対策にも活用できます。不動産を相続する場合には特例による評価額の減額をしてもらえる場合があるからです。小規模宅地の特例を受けられる程度の不動産であれば20%の減額が可能でしょう。また、貸付を行っている場合には不動産のうちで貸付に関わっている部分について50%の控除を受けられます。これらを活用すると相続時の課税額を効果的に減らせるため、遺産を相続してもらいやすくできるのです。

旭川市の賃貸は、手ごろな価格帯でも十分な広さと設備が備わっている物件が多いことが特徴です。冬の寒さ対策もしっかりさてれいる物件がほとんどです。